iPhoneでインターネットのページを証拠化にする方法

最近は,インターネットへのアクセスは,パソコンよりモバイル(スマホやタブレット)の方が多くなっています。そこで,iPhoneやiPadだけで,インターネット上のページを証拠化する方法を紹介します。

安倍晋三首相のFacebookの投稿を表示させています。

図1

図1(タップすると大きく表示されます)のように,証拠としたいページをSafariで表示させます。ここでは,例として安倍晋三首相のFacebookの投稿を表示させています。画面の一番下にメニューバーを表示させると,真ん中にある共有アイコン(赤い線で囲んでいます)をタップします。

「PDFをiBooksに保存」アイコンの表示

図2

そうすると,図2(タップすると大きく表示されます)のように,共有する方法がメニューに表示されます。その中から「PDFをiBooksに保存」(赤い線で囲んでいます)を探して,タップします。

iBooksにページがPDFとして保存

図3

そうすると,図3(タップすると大きく表示されます)のように,iBooksにFacebookのページがPDFとして保存されました。インターネット上のページを証拠化するうえで,保存した年月日と時刻,URLを表示させることが望ましいです(これらの表示がないからといって証拠としての価値がゼロになるわけではありません)。ここで紹介した方法であれば,特に何も意識しなくても,これらの情報がPDFに記載されて保存されますので楽です。

iPhoneでインターネット上のページを証拠化する方法を紹介しました。Facebookのページを例に紹介しましたが,インターネット上のページであれば,Facebook以外のページも同じ方法で証拠化できます。