氏名,住所,職場などの個人情報や,誰にも知られたくない情報をインターネット上に勝手に公表されてプライバシーの侵害を受けている方へ。

1秒でも早くインターネット上から,あなたのプライバシー情報を削除し,平穏な生活を取り戻しましょう。

プライバシーの侵害で困っている方は,当事務所にご相談ください。

プライバシー侵害の基礎知識

個人情報とは,個人に関する情報のうち,特定の個人を識別できるものを言います。例えば,氏名,生年月日,(自宅や職場の)住所などが典型的な個人情報です。

プライバシーの侵害とは,簡単に言うと,個人の秘密を承諾なく公表することです。例えば,2ちゃんねるなどの匿名掲示板で,氏名などの個人情報を勝手に公表することや,Facebookを代表とする実名で登録するSNSで,前科などを勝手に公表することは,プライバシーの侵害にあたります。

プライバシーが侵害された場合の基本的な対処法は,次の2つがります。

  1. 個人情報や他人に知られたくない情報が書き込まれた掲示板やブログ,SNSを管理運営する会社や人物に対して,削除を要請する
  2. プライバシーを侵害した人物を特定(発信者情報開示をして特定します)し,損害賠償を請求する

弁護士費用

当事務所の弁護士費用の目安は,次の表のとおりです。なお,この金額は一応の目安であってお客様の資力,事案の複雑さ・難しさによって増減いたします。金額はすべて税込の値段です。

削除 発信者情報の開示
交渉 32,400円〜 54,000円〜
仮処分 162,000円〜
訴訟 216,000円〜

よくある質問

インターネットの掲示板に,勝手に私の名前や自宅の電話番号が公開されてました。いたずら電話が頻繁にかかってきます。名前や電話番号を消してもらうにはどうすればよいですか?
あなたが一般人の場合,氏名,自宅住所,勤務先,電話番号,メールアドレスなどはプライバシー情報になるので,掲示板の管理者に対し,プライバシー情報の削除を要請しましょう。

なお,前科前歴,学歴,病歴,資産,思想信条などもプライバシー情報となるので,同様です。

もっとも,強制的に削除させる権利があるわけではありません。掲示板の管理者が削除に応じてくれないときは,私たちにご相談ください。

インターネットのホームページに私の写真が勝手に掲載されているのを見つけました。ホームページの管理人に対して,削除するように求めることができますか?
どのような写真が掲載されているかによって,異なります。

あなたの同意なしに勝手に撮影された写真の場合には,ホームページの管理者に写真の削除を求めましょう。ただし,たまたまあなたが写真に写り込んでしまったような場合には,難しいです。

他方,あなたが撮影されることに同意した写真であっても,常識的に考えて公表されることで精神的苦痛を感じるような写真の場合にも,同様に削除を求めましょう。

もっとも,強制的に削除させる権利があるわけではありません。ホームページの管理者が削除に応じてくれないときは,私たちにご相談ください。

私は,最近,罪を犯して処罰されました。その犯罪について,インターネットのニュースサイトで実名報道されました。この記事の削除を求めることができますか?
あなたが未成年でない限り,実名報道は適法な行為なので,削除を求めることは難しいです。

もっとも,犯罪の性質,犯罪の軽重,刑の執行から相当程度期間が経過しているか否かなどの諸事情を総合的に判断して,実名報道の記事を削除しないことがプライバシーの侵害として違法となることもありえます。

私の個人情報(名前や携帯番号など)を勝手にインターネットの掲示板に書き込んだ人物に対して,法的手段に訴えたいです。ただ,その人物が誰なのかがわかりません。どのようにして知ることができるでしょうか?
あなたが一般人であれば,プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報の開示を請求することで,書き込んだ人物を特定することができます。

まず,掲示板の管理人に対し,プロバイダ責任制限法に基いて発信者情報(この場合には,書き込みをした時刻とIPアドレス)の開示を請求します。

次に,開示されたIPアドレスから書き込んだ人物が利用しているプロバイダが調べます。

最後に,そのプロバイダに対し,発信者情報(書き込みがなされた時刻にそのIPアドレスでインターネットを利用していた人物の名前など)の開示を請求します。

これで,あなたの個人情報を書き込んだ人物が特定されます。

発信者情報の開示の手続がよくわからない,掲示板の管理人やプロバイダが開示に応じないなどお困りの場合には,当事務所にご相談ください。

私は,自分のウェブサイトに掲示板を設置しています。その掲示板に個人情報が勝手に書き込まれたから,削除してほしいと連絡がありました。削除すべきでしょうか?
その個人情報の内容,その個人が一般私人か公人・有名人なのかによって,結論は異なります。

例えば,氏名と連絡先(住所や電話番号)がセットになって掲示板に書き込まれており,その個人が一般私人である場合には,その個人情報はプライバシーを侵害しているので,原則として削除しても大丈夫です。

ただし,一般私人であっても,その個人が会社の代表取締役である場合,氏名及び自宅住所は会社の登記簿に記載されおり,誰でも知ることができるので,その個人情報はプライバシーを侵害しているとはいえません。

削除すべきは,削除を求めてきた人物の本人確認をしたうえで,証拠に基いて他人の権利が不当に侵害されているかを判断してください。

削除すべきかどうか判断できない場合には,当事務所にご相談ください。

私は,自分のウェブサイトに掲示板を設置しています。その掲示板に個人情報が勝手に書き込まれたから,書き込んだ人物のIPアドレスなどを開示してほしいと連絡がありました。開示すべきでしょうか?
その個人情報の内容,その個人が一般私人か公人・有名人なのかによって,結論は異なります。

例えば,氏名と連絡先(住所や電話番号)がセットになって掲示板に書き込まれており,その個人が一般私人である場合には,その個人情報はプライバシーを侵害しているので,原則として開示しても大丈夫です。

ただし,一般私人であっても,その個人が会社の代表取締役である場合,氏名及び自宅住所は会社の登記簿に記載されおり,誰でも知ることができるので,その個人情報はプライバシーを侵害しているとはいえません。

開示すべきかどうかは,開示を求めてきた人物の本人確認をしたうえで,証拠に基いて権利侵害の明白性などを判断してください。

なお,開示する場合には,プロバイダ責任制限法によると,発信者に開示しても良いかを照会する必要があります。しかし,掲示板に個人情報を書き込んだ人物を特定することができない場合には,照会は不要です。